TAC沖縄校公務員講座 沖縄県庁上級・沖縄県警Aの受験申込者数発表

本気で公務員を目指している方にとっては「朗報」です。今年も昨年同様、県庁上級職・沖縄県警Aとも継続して受験申込者数減少傾向です。ライバルが減り、狙い目です。キャプチャキャプチャ3県庁申込状況

添付画像は、県庁発表を基にTAC沖縄校で加工した過去推移データ及び県庁の発表データです。詳細は画像を確認して下さい。

平成30年度主な職種区分の沖縄県庁上級受験申込者数は、
行政Ⅰ受験申込1,096名(昨年1,172名)で前年対比76名減。
社会福祉56名(昨年57名)で前年対比1名減。
病院事務104名(昨年84名)で前年対比20名増。←ここだけ増加
警察事務111名(昨年218名)で前年対比107名の大幅減。
沖縄県警A男性446名(昨年から39名減)、女性104名(昨年から24名減)。

昨年、最終倍率が9.0倍と合格しやすかった病院事務に人気が集まり、最終倍率が61.7倍と難易度の高かった警察事務から受験者が逃げたことがうかがえます。

沖縄県庁の詳細なデータは下記アドレスを参照して下さい。
http://www.pref.okinawa.jp/…/docu…/h300608-jissijyoukyou.pdf