沖縄で就職しよう! 資格をとろう! 合格を目指す気持ちを全力でサポート! 国家公務員・地方公務員・警察官A・消防官・市町村職員・税理士・簿記・教員~就職、資格への近道ならTAC沖縄校

ホーム > 講座紹介 > 教員採用試験対策講座 >教員採用試験を知る

教員採用試験を知る

公立

はじめに…教員採用試験とは?

学校の先生になるには?教員採用試験は、都道府県および政令指定都市の教育委員会によって行われます。
その採用は競争試験ではなく、選考試験によることが定められおり、ほとんどの自治体が2段階による選考を行っています。
沖縄県でも一次試験、二次試験と2段階による選考(実技試験を要する試験種(「校種」という)については三次試験まで)を行っています。

公立学校の教員は、採用試験に合格した後、採用候補者名簿に登載された者から教育公務員になった教諭と、年度ごとに雇用契約を結ぶ教諭または常時勤務する講師とに別れます。

なお、教員採用試験は、正式には「教員採用候補者選考試験(検査)」といいますが、試験内容については各自治体ごとに募集要項を定めています。ここでは沖縄県の小学校、中学校、高校を例に示します。

一次試験(筆記試験)

教養試験と専門教科試験が行われます。なお、教養試験は教職に関する知識を問う教職教養と、一般的な知識を問う一般教養からなります。

教職教養試験

すべての校種で同一の試験内容により、一般教養試験と同時に一つの試験として実施されます。教職に対する基礎を問うものであり、教育法規、教育の方法や教育課程、学習指導要領、教育史、道徳教育、人権教育、中央教育審議会の答申など、出題内容は多岐にわたります。

↓↓↓ 解けるかな? 沖縄県 平成29年実施 共通 ↓↓↓

次の文は、『平成28年度~30年度 学校教育における指導の努力点』(沖縄県教育委員会)の一部である。文中の[ 1 ]~[ 3 ]に適切な語句をそれぞれ下記の選択肢1~5の中から一つ選び、番号で答えなさい。

 目的意識の高揚は、自ら課題を見つけ、自ら学び自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する能力などの「生きる力」を支えるために大切であり、[ 1 ]の視点においても重要である。
 このため、学校においては、幼児児童生徒に目標の達成に向けて努力することの大切さを気付かせたり、その過程を振り返ったりする活動を通じて、自己肯定感や[ 2 ]を育む指導に努める必要がある。
 また、[ 3 ]の視点を踏まえ各教科、道徳科、外国語活動、総合的な学習の時間、特別活動において、目的や目標・ねらいの達成に向けて考えを深める指導方法等の工夫・改善を図るとともに、幼児児童生徒が課題を主体的に選択し、学ぶ意欲を向上させることが必要である。

[ 1 ] 1.交流学習  2.生涯学習  3.体験学習  4.地域学習  5.合同学習
[ 2 ] 1.向上心  2.自己存在感  3.自己管理能力  4.責任感  5.課題対応能力
[ 3 ] 1.問題解決学習  2.言語行動  3.キャリア教育  4.道徳教育  5.特別支援教育

一般教養試験

すべての校種で同一の試験内容により、教職教養試験と同時に一つの試験として実施されます。概ね高校入試レベルから高校で学ぶ基礎的レベルを問うものであり、国語、数学、理科、社会、英語など、出題内容は多岐にわたります。
また沖縄県に関する事柄も問われますので、幅広い見識が必要となります。

↓↓↓ 解けるかな? 沖縄県 平成29年実施 共通 ↓↓↓

わが国における基本的人権に関する記述として、最も適当なものを選びなさい。

1.日本国憲法の基本的人権の尊重という基本原理は、基本的に明治憲法から引き継いだものである。
2.憲法14条1項に「法の下の平等」が規定されており、現在の日本では差別問題は存在しない。
3.精神の自由のひとつとして、研究・学説の自由などの学問の自由が保障されている。
4.職業選択の自由などの経済的自由権は、公共の福祉によって制限されるものではない。
5.検察官が有罪と考えて起訴した被告人が無罪となっても、刑事補償請求権は認められない。

専門教科試験

算数の授業_イラスト各校種、教科に関する専門的な知識、要素を評価する試験であり、学習指導要領からも出題されています。
中学校、高等学校の試験は、それぞれの教科に関する問題であり、高い専門性が求められるため、難易度も大学入試レベルから大学の専門レベルと高度な内容が出題されています。
なお、小学校の試験では、小学校で指導する全教科から出題されるため、出題範囲は非常に広いといえます。

↓↓↓ 解けるかな? 沖縄県 平成29年実施 小学校専科 ↓↓↓

次のア~エのうち、yはxの関数であるものはどれか。下の1~4のうちから1つ選びなさい。

ア 周の長さがxcmである長方形の面積ycm2
イ 1枚10円のコピーをx枚とったときの料金y円
ウ 100gあたり168円の豚肉を買うとき、豚肉の重さxgと代金y円
エ 1.5Lのジュースをx人で等分するときの一人分の量yL

1.ア、イ  2.イ、ウ  3.ア、イ、ウ  4.イ、ウ、エ

二次試験

小学校の音楽と体育、中学・高校の音楽、家庭、保険体育など実技試験を要する校種については、二次試験で実技試験を実施し、三次試験で小論文試験、面接試験となります。

小論文試験

受験生の人物像、教職についての考え方や意欲、文章表現力、論理性などを評価する試験です。教育に関するテーマについて、60分以内に1,200字の小論文を書き上げる必要があります。

面接試験

個人面接形式(面接官3名程度)で、教職についての資質を実際の人物を見て評価する試験です。特に近年は「人物重視」といわれており、人柄や第一印象、さらに教職につきたいという意欲、若さなどの活力などが評価の重要ポイントとなっているようです。

模擬授業

教職において重要な授業力を評価する試験です。テーマは校種ごとの内容にそってランダムに与えられ、授業の導入部分、授業の中盤部分、授業の終盤部分など指定された範囲を、概ね8分程度で実際に授業を行います。面接試験と同様に資質、指導力、コミュニケーション能力などが評価されます。

↑ PAGE TOP